オーダーメイドスーツ ミューズが誕生するまで#2

【何より自分に正直になること】
トップセールスの仕事は本当に充実していました。
セールスの仕事柄、お客さまとの交流も増え、私と会うのを楽しみにしてくださるお客さまもいらっしゃったので、その頃は本当にやりがいを感じていましたし、何より、楽しかったのです。

しかし、ある時ふと気づいたのです。この仕事において、吸収できるものはすべて、自分で吸収してしまったという事実を。もはやそこにステップアップはなく、そのことに気づいてしまった瞬間に、私は急速に販売への興味が薄れていきました。それが転職のきっかけです。

転職することを決心したものの、顧客の皆さんからは本当にたくさんのお声がけをしていただけたのを覚えています。中には泣いて引き留めてくださるお客さまもいて、その時は、本当に心が揺れ動きました。ですが、トップセールスを続けることに情熱がなくなってしまった今、これ以上この仕事を続けるということは自分に嘘をつくことになるだけでなく、お客さまにも失礼になってしまいます。

確かに、後ろ髪をひかれる思いも少なからずありました。それでも自分の信念を貫くために、私はアパレル業界を去ることにしたのです。

【心と行動に正直であれ。最高のパフォーマンスの秘訣】
アパレルメーカーを去り、私が次に就職した先は中国最大の商品販売サイト『シナモール』でした。当時、シナモールでは中国人に日本の商品を販売する『日本館』の設立準備をしていましたので、私はそこで、そのサイトのスタイリストとして、働くことになったのです。

私に求められたのは、日本の流行を紹介すること。そのため朝から晩まで何通りものコーディネートを作成し、自分がモデルになって撮影し、中国の本社にデータを送る。
そんな毎日でしたから、部屋は洋服や靴が散乱し、まさにカオスな状態でした(笑)でも大好きなファッションのことだけを考えられる毎日は、肉体的にはきつくても、夢のような毎日で全然苦に想ったことはありません。ファッションは今も昔も、私の生きがいなのです。

しかし、日がたつにつれて、少しずつ状況が変わり始めました。日に日に、ファッション以外の仕事が増えていったのです。セミナーの司会に引っ張り出されたり、企業との会食に呼ばれたり……。気づけば、大好きなファッションの仕事からどんどん遠ざかっていました。しばらくはそんな生活をだらだら続け、テンションも駄々下がりの日々でした。そんな時、まるで追い打ちをかけるがごとく、父が病で倒れたという知らせが届いたのです。

すると生活が一変してしまいました。父の看病のため、父の故郷である九州と大阪とを何度も往復する毎日。そんな日々の中で、私も自分の精神が日に日にすり減っていくのを実感していました。以前のように働く気力も失い、父の他界と同時に、あんなに大好きだったはずのファッション業界を、私は離れることにしたのです。

心身ともに疲れ果て、情熱も気力もすべて失ってしまった私が次に就職したのは、自宅から自転車で20分ほどにある歯科の受付の仕事でした。とにかく電車に乗らず、残業も少ない仕事であれば何でもよかったのです。今振り返れば、本当に当時はそれほどにまで追い詰められていました。

しかし、私はその仕事を一日で辞めました。
別段仕事が嫌だったというわけではないんです。ちょっとした自慢ですが、私はこの歯科で、通常は2週間かかると言われていた業務をたった半日でできるようになっていました。院長も私の仕事ぶりを認めてくれて、次々仕事を与えてくれようとしてくれていました。
それでも私は、院長が褒めてくれても、素直に嬉しいと思えなかったのです。なぜなら、私は自分が今、以前のように心から働くということを楽しんでいなかったから。そのことに、強烈な違和感を覚えていました。そこには情熱も、仕事に対する感慨も何もない。
その時はっきりと自覚したのです。嫌なことを無理やり続けても、それは仕事ではない。心と行動が正直でなければ、最高のパフォーマンスは生まれないのだと。私は、ようやく目が覚めました。
もう一度ファッション業界に戻ろう。それが私にとって「生きる」ということなのだ。私は帰宅後した直後、すぐに院長に電話をしました。
「今日限りで、辞めさせてください。」

Re.muse 勝友美

この記事はどうでしたか?
  • いいね! 
  • 興味ある! 
  • もっと読みたい! 

公式アカウントをフォローして最新情報をチェック!


プロフィール

勝友美
株式会社muse 代表取締役

兵庫県宝塚市生まれ。神戸松蔭女子学院大学短期大学部卒。
2013年、高級オーダーメイドスーツを扱う株式会社museを立ち上げ、独立。
着ると仕事もプライベートも人生の勝者になれるという「ヴィクトリースーツ」を作るブランドとして話題を呼ぶ。店舗は現在、大阪の淀屋橋と東京の六本木の2店舗だけだが、全国からお客さまが絶えない。

>>プロフィール詳細

こちらの記事も読まれています

  • 自分よりも頑張っている人と比べる自分よりも頑張っている人と比べる どこの視点と比較しながら生活をしているのか、ということが今後の自分自身の在り方を大きく変えるということを常々意識しています。 例えば、愚 […]
  • 物以上の価値物以上の価値 先日、ふとした時に考えさせられたことです。   仕事が一段落つき、自分へのご褒美に大好きなあるブランドの靴の購入を決 […]
  • オーダーメイドスーツ ミューズがOPENしてから#3オーダーメイドスーツ ミューズがOPENしてから#3 【物怖じ禁止!バカ正直に意見しなさい】 私がお客さまに接客するにあたって、常に心から思っていること。それはお客様の人生にとって価値のある […]
  • 決めた方向へ進む決めた方向へ進む 言葉にしなくても心の中で決めるとそのように進んでいくことってありますよね。 今回はその悪い例です。   ある時、社 […]
  • オーダーメイドスーツ ミューズがOPENしてから#4オーダーメイドスーツ ミューズがOPENしてから#4 【嘘をつかない営業法】 仕事というものは楽しむものだと思っています。仕事を楽しんでいない営業マンからは、だれも物は買いたくなくなるでしょ […]
  • オーダーメイドスーツ ミューズがOPENしてから#2オーダーメイドスーツ ミューズがOPENしてから#2 【異業種交流会の試練】 オーダーメイドスーツは、一度買って下さったお客さまが、毎月のように買って下さる商品ではありません。そのため、より […]

プロフィール

勝友美
株式会社muse 代表取締役

兵庫県宝塚市生まれ。神戸松蔭女子学院大学短期大学部卒。
2013年、高級オーダーメイドスーツを扱う株式会社museを立ち上げ、独立。
着ると仕事もプライベートも人生の勝者になれるという「ヴィクトリースーツ」を作るブランドとして話題を呼ぶ。店舗は現在、大阪の淀屋橋と東京の六本木の2店舗だけだが、全国からお客さまが絶えない。

>>プロフィール詳細